渡瀬恒彦 「警視庁捜査一課9係 season12」 2017春 感想 ネタバレ

渡瀬恒彦 「警視庁捜査一課9係 season12」 2017春 感想 ネタバレなどを書いています。

北川景子の「家売る女」第5話 感想 あらすじ

スポンサーリンク


北川景子の「家売る女」第5話 感想 あらすじ

 

f:id:max2111:20160804005827j:plain

出典 http://www.ntv.co.jp/ieuru/

万智(北川景子)の仕事の凄さは、
前回までで十分判かったが、
結婚のほうがどうなるか?

また万智が住んでいる家が
どんなものなのか興味は尽きない。

今回も二人の顧客がミスマッチした
マンションの部屋を、うまく取り替え、

さらに買うのを渋るのを、
結局買わせてしまった。

今後は商売よりもそれ以外のところに
興味が湧いてきます。

なお、平均視聴率は11.93%と快調です。


ストーリイ

 

庭野(工藤阿須加)は勝ち気なフリージャーナリストの

独身女性・日向詩文(ともさかりえ)を担当。

一方万智(北川景子)は出版社の校閲部で働く

地味な独身OL・草壁歩子(山田真歩)を担当する。

 

女単(=女性単身客)の相次ぐ来店に

「まだ若いのに何が悲しくて一人で家を買うのか」

と噂する営業課メンバーたちを、

万智は「独身者を結婚というゴールに向かう道半ばの

中途半端な人間だとするのは間違っている!」と一蹴。

 

その頃庭野は、万智そっくりの強気な詩文に振り回され、

家探しは難航する。

 

詩文がようやく気に入った物件は、

万智の客・歩子が申し込みを進めようとしていた物件で…。

 

しかも2人は同じ会社に務めており、犬猿の仲だと発覚。

タイプの違う独身女2人が同じ部屋を巡って対立する!

 

万智に仕切られっぱなしの庭野は、万智に勝ちたいと立ち上がり、

詩文と歩子2人に自分が家を売ろうと決意するが…。

果たして、独身女の家探しに出口は見えるのか!?