読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石田ゆり子「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」 2017春 感想 ネタバレ

石田ゆり子「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」 2017春 感想 ネタバレなどを書いています。

ドクターX4 第3話 感想と視聴率

テレビドラマ

スポンサーリンク

ドクターX4 第3話 感想と視聴率
2016年10月27日(木)夜9時

f:id:max2111:20161022172800j:plain

出典 http://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/story/0003/

予告動画では「大門未知子に打つ手なし。」
となっていましたが、

これもまた解決してしまうという
痛快な物語でした。

第3話の視聴率は24・3%を記録した。
今回は、前枠の「日本シリーズ 第5戦」の生中継が延び
50分遅れの放送開始となったが、3・9ポイント上昇した。

初回は20・4%で、今年の民放連続ドラマ初の
20%超えを達成して1位を記録し、
第2話は19・7%と抜群の安定
今回はさらに上回っています。


STORY


 財布を拾ってくれた大門未知子(米倉涼子)を訪ね、須山三佐江(松下由樹)という女性が「東帝大学病院」にやって来た。三佐江は財布のお礼に、最高ランクの人間ドックを予約するという。しかし、「東帝大」で最高ランクの人間ドッグは超VIP待遇の3日間コースで、とてつもなく高額だ。副院長の久保東子(泉ピン子)は、素性のよく分からない三佐江の予約を勝手に入れた未知子に激怒! 三佐江が支払いを怠る可能性も考え、後見人となって責任を取るよう命じる。

 未知子は困惑しながらも、外科部長・西園寺猛司(吉田鋼太郎)とともに、三佐江の病室へ。ところが、三佐江の顔を見た西園寺は思わず硬直する。彼女は、西園寺が20年前に胃潰瘍のオペを担当した患者であり、しかも元愛人だった…。

 その矢先、さらに驚きの事態が発生する。検査の結果、三佐江の体内に大きな腫瘍らしき影が見つかったのだ! それは天才外科医の未知子をもってしても、開腹してみなければ正式な病名が分からない、前代未聞の大きさだった。しかも開腹してみると、とんでもない事実が判明する。大きな影の正体は一体…!? 思わぬ事実の発覚に慌てた蛭間は、西園寺の過去の医療ミスを確信し、手術中止を命令。結局、オペは取りやめになってしまう。

 納得のいかない未知子は、病院側の意向をよそに、三佐江に真実を告げることに。ところが、どういうわけか三佐江は怒るでもなく、笑い出し…!? 計り知れない三佐江の真意…。そんな中、患部の画像を改めて精査した未知子は、戦慄の表情を浮かべる――!

ゲスト


須山 三佐江………松下 由樹
「東帝大学病院」の外科部長・西園寺の元愛人。西園寺に胃潰瘍のオペをしてもらい、その後しばらく不倫関係にあった。20年後、突然「東帝大学病院」で人間ドックを受け、西園寺が医療ミスを犯していたことが発覚する。大門未知子に対しても、何かと裏がありそうな言動を取るが…!?