読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石田ゆり子「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」 2017春 感想 ネタバレ

石田ゆり子「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」 2017春 感想 ネタバレなどを書いています。

嘘の戦争 5話 感想とネタバレ

テレビドラマ

スポンサーリンク

嘘の戦争 5話 感想とネタバレ

f:id:max2111:20170217221410j:plain

 


出典 http://www.ktv.jp/uso/index.html

視聴率11.1%と固定視聴者が多いようですね。
それだけ面白いということですね。

Story

 

医師の五十嵐(甲本雅裕)、弁護士の六反田(飯田基祐)、
刑事の三輪(六平直政)、

さらに一家殺害の原因となる事件をもみ消した
四条(ジュディ・オング)とその息子も陥れ、

浩一(草彅剛)はついに興三(市村正親)への
復讐(ふくしゅう)に王手をかける。

その頃、二科家では30年前の犯行の証拠となる
録音テープの存在を知った興三が、
再び悪に手を染めようとしていた。

隆(藤木直人)はそれを阻止しようと、
自らテープの在りかを突き止めようと動き出す。

また隆は浩一と“千葉陽一”との関係を確かめようと
バー800に乗り込み、「千葉という人物を知っているか?」
と浩一に直接問いただす。

浩一は、30年前に起きたOL殺しの主犯で、
今は大手銀行に勤める九島亨(平岳大)の存在に気がつく。

九島の亡き父は銀行の元副頭取で、
30年前、興三に多額の融資をしていた。

その融資こそが一家殺害の報酬だとにらんだ浩一は、
九島と彼の弱みを握っている愛人の五十川芙美(真飛聖)にも接近。

相棒のハルカ(水原希子)と共に
パイロットとキャビンアテンダントに扮(ふん)し2人の前に現れて…?

一方、楓(山本美月)は長年にわたり興三との間に
確執があることを浩一に打ち明ける。

なんとか興三に会いたい浩一は、そんな楓をやさしく諭し、
心を動かされた楓は興三に会いに行くが…。