渡瀬恒彦 「警視庁捜査一課9係 season12」 2017春 感想 ネタバレ

渡瀬恒彦 「警視庁捜査一課9係 season12」 2017春 感想 ネタバレなどを書いています。

嘘の戦争 7話 感想とネタバレ

スポンサーリンク

嘘の戦争 7話 感想とネタバレ

f:id:max2111:20170217222939j:plain

 


出典 http://www.ktv.jp/uso/index.html
02.21 ON AIR

視聴率は10.3%と少し落ちましたね。
でも、これから更に面白くなるようですから、
心配はいらないでしょう。

ストーリー

30年前、一家心中に見せかけて殺された家族の復讐(ふくしゅう)を
次々に果たした浩一(草彅剛)は、
ついに、事件の首謀者である興三(市村正親)に近づくことに成功。

興三の娘・楓(山本美月)との結婚も決まる。

一方、またしても浩一の巧みなウソに翻弄(ほんろう)され、
興三もまた「2人で話がしたい」と浩一を呼び出すが、思わぬ事態に…。

そして隆(藤木直人)は浩一が30年前の事件で生き残った
“千葉陽一”だと疑いつつも、確固たる証拠をつかめずにいた。

隆の事を気にしつつも、浩一は30年前のOL殺人事件に関わっていながら、
これまで何の罰も受けずに生きてきた晃(安田顕)に狙いを定め、
事業拡大のために工場を全面改修するよう勧める。

そして晃が早速、隆に工事に必要な多額の費用を用立ててくれるよう頼むと、
隆は意外にもそれをあっさり承諾するが、それには隆なりの考えがあり…?

上機嫌の晃に、浩一はそれとなく、
興三や隆のまわりで怪しい動きを見せる六車という男について尋ねる。

晃の話を聞いた浩一の脳裏には、ある疑惑が浮かんで…。