読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石田ゆり子「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」 2017春 感想 ネタバレ

石田ゆり子「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」 2017春 感想 ネタバレなどを書いています。

嘘の戦争 9話 感想とネタバレ 3月7日放送

テレビドラマ

スポンサーリンク

嘘の戦争 9話 感想とネタバレ
3月7日放送

f:id:max2111:20170302125109j:plain

 

出典 http://www.ktv.jp/uso/index.html

前回11.5%と視聴率が上がりましたね。
やはり、このドラマは面白いからだと思います。

あらすじ

30年前の一家殺害事件に関わる人物を次々とワナにはめ、
ついに最大の標的である興三(市村正親)に復讐(ふくしゅう)する

チャンスをつかんだ浩一(草彅剛)だったが、
30年前に生き残った“千葉陽一”と同一人物だとバレてしまう。

浩一は事件の証拠となる録音テープをネットでばらまき、
ニシナコーポレーションの粉飾決算をバラすと脅し、
会長に謝罪を要求。

その一方で興三の手下である六車(神保悟志)と
激しい攻防戦を繰り広げる。

そんななか、浩一は亡き父が一家殺害の元凶となった
OL殺害事件の証拠を守(大杉漣)に託していたことを知り、がくぜん。

守にも復讐しようと、離婚して以来疎遠になっている
娘・七沢由美子(国仲涼子)に接触をはかる。

恩人にも決して容赦はしない――復讐の鬼と化した浩一を
心配するハルカ(水原希子)は…?

一方、浩一の策略で30年前の事件が晃(安田顕)や楓(山本美月)
の知るところとなり、さらに会社の粉飾決算の事実も
浩一に知られてしまった二科家は、窮地に陥る。

そして家族と会社を守りたい一心の隆(藤木直人)は、
晃のミスに見せかけ,浩一が2000万円を強奪した詐欺の証拠を握り、
警察に突き出そうとする。

さらには百田(マギー)に接触し、
浩一に反撃しようと動き出す―。

正体がバレ、恩師への復讐も果たそうとする浩一は、
この最大のピンチをどう切り抜けるのか!?