渡瀬恒彦 「警視庁捜査一課9係 season12」 2017春 感想 ネタバレ

渡瀬恒彦 「警視庁捜査一課9係 season12」 2017春 感想 ネタバレなどを書いています。

警視庁捜査一課9係  第2回 感想ネタバレ

スポンサーリンク

警視庁捜査一課9係  第2回 感想ネタバレ

f:id:max2111:20170502211918j:plain

 

出典 http://www.tv-asahi.co.jp/9gakari_12/

第1回の視聴率は、11.5%とマアマアでしたね。
中身は面白いので、結構いるのではないでしょうか。

2017年4月19日(水)よる9:00~


第2話

 大学研究室の屋上にいた黛(竹中直人)が
プールに浮かぶ男の死体を発見。

しかし、プールにたどり着いたときには死体が消える、
という奇妙な事件が発生した。

黛によると、着衣から死体は2日前に再会したばかりの
友人で経済学部長の来栖(上杉祥三)に違いないという。

妻の杏子(筒井真理子)と仲睦まじく、
トラブルに巻き込まれている様子などなかったのだが…。

 来栖の遺体が埠頭で発見され、
黛と真澄(原沙知絵)の解剖の結果、
溺死した場所は海ではなくプールであることがわかった。

胃の内容物から未消化の種子らしきものが見つかり、
胃にはごくわずかだが炎症も見られるという。

 来栖の周辺を調べていた志保(羽田美智子)と村瀬(津田寛治)は、
来栖が准教授の岡村(西ノ園達大)との間に
トラブルを抱えていた事実をつかむ。

岡村はゼミ合宿へ行っていたとアリバイを主張するが、
逆に完璧すぎるアリバイに志保らは不審を抱く。

 青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)の調べで、
来栖が行きつけのクラブでアテモヤという
珍しい果物をホステスに買いに行かせ、
ひんしゅくをかっていたことがわかった。

胃の中にあった種子はアテモヤ?
次々と明らかになる来栖の素顔に黛は驚きを隠せない。

 直樹(井ノ原快彦)と真澄は、
来栖の妻・杏子から話を聞くが、
やはり夫のクラブ通いやアテモヤが好きだったこと
など知らなかったという。

 その後の調べで来栖の胃の炎症の原因も判明。

岡村のアリバイも崩されたと思われたが…。

黛の大胆な推理と直樹の疑問から
浮かび上がってくる意外な犯人とは!?

ゲスト
来栖杏子 … 筒井真理子
来栖康利 … 上杉祥三
下田栞 … 広澤草