話題と情報

今、旬の話題や情報などを書いています。

スポンサーリンク

山尾志桜里元政調会長が民進党に離党届提出

スポンサーリンク

f:id:max2111:20170907232818j:plain

 山尾氏43歳は9月7日、週刊文春に既婚の男性弁護士との不倫疑惑が報じられた責任を取り、 大島敦幹事長に離党届を提出した。

6日放送のフジテレビ系「グッディ!」で 7日発売の「週刊文春」で報じられる民進党の山尾氏のダブル不倫疑惑について特集した。

 番組によると、山尾氏は同じ年の夫と6歳の子供がいるが、 「週刊文春」に9歳下の妻子ある弁護士とのダブル不倫が報じられるという。

番組では、山尾氏は今月2日に前原誠司代表から打診を受け幹事長に内定した。

ところが、その夜に男性とホテルに入るところを撮影されたという。

さらに週刊文春が3日夜に前原代表を取材したため、 幹事長人事が撤回され、5日の両院議員総会で 大島敦元総務副大臣が幹事長に就任したと見通した。

 こうした経緯を安藤優子キャスターは 「幹事長という重大なポストがひっくり返るぐらいの何かがあった」とした上で 幹事長人事が内定した夜にホテルへ行ったことに 「打診されたんだとすれば、その日に行く!?」と報道が事実だとすれば、 山尾氏の行動に驚きを見せていた。

 また、7日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」で この日発売の「週刊文春」で報じられた民進党の山尾氏と 34歳の弁護士とのダブル不倫疑惑について特集した番組では男性弁護士の知人を取材。

山尾氏と弁護士が「昨年末から2人でひんぱんに会っているのをみました」と証言した。

さらに「2人きりでお酒を飲んでいることもあったようで、 山尾先生がお酒が強いから付き合わされちゃった、 と話していました」と明かしていた。

7日放送のTBS系「ビビット」も「週刊文春」の記者が 山尾氏を直撃した「週刊文春デジタル」の映像を放送した。

山尾氏は記者からの不倫相手と報じられた 34歳の妻子ある弁護士について「どのような関係ですか」と問われ 「事務所の方に全部、取材対応はお願いしてますけれども」と歩きながら答えた。

続けて「不倫されてませんか」というストレートな問いには 「はぁ」と苦笑いを浮かべながらため息をついていた。

スポンサーリンク

ツイートの反響

テリー伊藤氏は、政治家は、いいことをしてもすぐ忘れられる一方で 「不倫のことは10年も20年も覚えられる。

これからもずっと言われていくわけ。

政治家として大変な岐路に立った。

すごく期待していたし、政治家としては優秀。

でもこういうことで政治家としての生命が終わっちゃうのは 残念な気がします」とコメントした。

作家の百田尚樹さんは「週に4回も密会となれば、子育てしながらは難しい。

保育所の待機児童問題に熱心になるのは理解できる」 と皮肉たっぷりにツイートした。

タレントのフィフィさんも『保育園落ちた、日本シネ』 でママ達の味方ってフリしてたのはタチ悪いし、

しかも宮崎議員の不倫を散々非難して、そこにガソリン問題も追加したら、 離党で済ませるとかおかしいでしょ、議員辞職が妥当」と手厳しい。

山尾氏は衆院愛知7区選出で当選2回。

元検事で論戦力に定評があり、「保育園落ちた日本死ね」 と書き込まれた匿名ブログを国会で取り上げ、 安倍晋三首相を追及して注目を集めた。

昨年4月に元秘書によるガソリン代の不正請求が発覚したときは 同年12月にようやく、東京の政治部記者から逃れるように 名古屋市で記者会見を行った。

山尾氏は母親として政府の子育て政策の問題点を追及してきたが、 「既婚男性と週4回も密会」(文春)するようなら政治家の信用性にもかかわる。