読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石田ゆり子「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」 2017春 感想 ネタバレ

石田ゆり子「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」 2017春 感想 ネタバレなどを書いています。

北川景子の「家売る女」第10話(最終回)  感想 ネタバレ

テレビドラマ

スポンサーリンク

北川景子の「家売る女」第10話(最終回) 感想 ネタバレ 
9月14日放送

 

f:id:max2111:20160913231515j:plain

 


http://www.ntv.co.jp/ieuru/story/

元プロバレリーナの望月葵を担当していた万智は、

彼女の夫のいるシンガポールまで行って、

ビルの1棟買の了解を取り付けることに成功した。

 

結局会社の方針に反してビルを売ってしまったので、

万智と屋代課長は辞表を出すことになった。

 

その後万智と屋代は小さな不動産屋をやることになり、

一年後の様子では、屋代は万智の下で働いているような感じであった。

万智の「GO」は健在だった。

 

あと、万智の苗字は三軒屋のままであったので、

二人は結婚していない。

元の職場の連中との仲も良いようである。

 

実に楽しいドラマでした。視聴率も最終回は13.0%、

平均でも11.58%と夏ドラマではトップで視聴者は結構楽しんだと思います。


あらすじ

バー・ちちんぷいぷいの入っている
ビルの取り壊しが決まり立ち退きを迫られたと、

こころ(臼田あさ美)が屋代(仲村トオル)を頼って
新宿営業所に押しかける。

なんとか店を救おうと、
屋代はビルの空きテナントを埋めて、

建物の価値を高めた上でビル一棟
売却をしようとビルオーナーに提案。

営業課一丸となって
空きだらけのテナントを埋めるために奔走する。


そんな中、庭野(工藤阿須加)は
万智(北川景子)が異動するという噂を聞き、
なんとか引き止めたいと思うが言い出せず悩む。

万智は、元プロバレリーナの望月葵(凰稀かなめ)を担当。
足の不自由な娘のカンナ(堀田真由)のために
バリアフリーの家を探して欲しいと頼まれるが…。

ビルの一棟売却が軌道に乗り始めた矢先、
会社の上層部から屋代に
ビルの案件から手を引くようにとお達しが出る。

なんとビルの建て替えは
本社が極秘で再開発を進めていた案件だったのだ。

組織の一員として、ビルの売却を諦めようとする屋代に、
万智は「そのビルはわたしが売ります」と宣言!

天才的不動産屋・三軒家万智が進退をかけて思い描く
ビル一棟売却感動のシナリオとは一体!?